板を動かすか?身体を動かすか?

サーフィンを上達するうえで、

  • 板を動かすか?
  • 身体を動かすか?

この考え方は非常に重要です。

私は常にいろいろな方とやり取りをしていますし

そのやり取りのたびにいろいろな考え方があることを知ります。

私がサーフィンを教えている内容は

色々な方の動きや考え方の違いからのフィードバックが大きいです。

その中でも一番大きく上達を左右するのが

この2つの考え方です。

まず結論から言ってしまうと。

上達が止まってしまう方は

【ボードを動かすイメージ】

を持っている方が多いです。

というか

ほぼこれです。

で、

上達する方の傾向としては

その反対の

【身体を動かすイメージ】

を持っているということです。

コチラの場合はほぼ上達しているというよりは、

上達しやすいといった方が誤解がないと思います。

ということは、

最低でも

ボードを動かすイメージを止めて

身体を動かすイメージに変える

という考え方に変えないと

上達するためのスタート地点に立てません。

この2つのイメージの場合は

私の場合その方の動きを見ただけで分かります。

伊達に何千人と見てきていません。

『今こうやって考えて、こう動かしたでしょ?』

ってわかります。

やはり変な動きになってしまうのは

板を動かしている人です。

今日はその動きについては詳しくは書きませんが

ご自分で思い返してください。

例えば、

ボトムターン

オフザリップ

カットバック

のイメージを。

それではテストです。

いま目をつぶって、

カットバックのイメージをしてみてください。

(※先を読まずに今やってみて下さい)

はい、

どうでしたか?

どんなイメージでしたか?

何が言いたいかというと、

引き伸ばします~(笑)

先ほどのイメージちゃんとできましたか?

答えを先に知ってしまうとテストにならないので。

もういいですね。

どうですか?

こんな感じのイメージ?

それとも

こんな感じ?

これ重要です。

こういうイメージしかできなかった場合、

板を動かすイメージが強い人が多いですね。

詳しいカットバックのやり方については

会員のサイトの方でくわしくせつめいしていますが

※有料会員です

この場合

こんなイメージだと全くできないと思います。

ケリーはこの通りに動いていると思いますか?

これは板だけ見てしまうと

こういう動きのイメージになってしまいます。

正しくは

これですね。

走行ラインがポイントです。

これで動きたいなら

(カットバックを完成させたいなら)

下の斜めの黄色のラインに沿って動かないとです。

秋にはライディングを中心とした

【ライディング集中基礎講座】

を始めます。

テイクオフに関しては

【テイクオフ安定化プログラム】

略してTAPというプログラムを発動しました。

そちらでレッスンをしていますので

気になる方は無料登録をしておいてくださいね。

10月にライディング講座は予定しています。

どうやったら板を動かすイメージから

身体を動かすイメージに変えて

上達する路線に乗せるか?

その辺は詳しく話します。

身体を動かすイメージなら

このくらいコマ送りですべての動作が頭に入っていないとです。

一つ一つの体の動きを把握しないとです。

何のためにこの動きなのか?

何のためにこの体勢なのか?

何のためにこのバランスなのか?

色々と研究してみてください。

私は何千人と見てきて、

上級者と一般の方の違いは分かっていますが、

これが分かると上達しないわけがないんです。

知りたい方は少々お待ちください。

まずは無料会員サイトに登録していただければ

色々とレッスン情報も出していますので。

無料会員登録はこちら⇒ここから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です