アップスやオフザリップなどの走行ライン

一般のサーファーの方を見ると

ほぼ100%に近いくらい

走行ライン取りが間違えています。

感覚としては上級者も同じような

ラインのイメージを持っていると思いますが

実際のライン取りが違うんですね。

まずはアップスだけとってみて、

皆さんはどこに向かって漕いでいますか?

1、波に対して横に漕ぐ

2、岸に向かって漕ぐ

まあ漕ぐ方向が90度も変われば

実際に加速するかしないかは極端に分かれますね。

90度は言い過ぎかもしれませんが、

意識としては90度間違えています。

実際には45度くらいというところでしょうが

45度中途半端なことを言うと

治らない人が多いので…

この動画の1:00辺りの部分からをスローで見てください。

(スローは右下ギアのマークをクリックして変えられます)

どこに向かっていますか?

ノーズがどの方向へ向いているか見てくださいね。

この方向へ漕がないとということですよ。

サーフボードはレールの方向へしか加速できません。

ノーズ方向へ自分で加速することはできないんです。

ノーズ方向へ加速できるのは、

斜面を降りるときだけです。

そして、自分で加速するということも

さらにプラスすればいいんですね。

というとこのラインになります。

しかし11歳でこれとは

5年後のサーフィンレベルはやばいですね。

走行ラインが間違えていたら

間違いなく上達はしませんよ。

私は、

ライディングバランス

走行ラインの取り方

だけでプロになれる実力は付くと思っています。

これだけでサーフィンが劇的に簡単になりますから。

詳しいことは実際にレクチャーしないと

なかなか伝えることはできませんが

これが事実ということです。

プロや上級者の感覚が正しいのではなく、

事実を見ないと上達できません。

プロや上級者は前足荷重だといっても

実際には

”後ろ足荷重”

にしないと加速しません。

これも事実です。

これをどう受け止めるかですね。

わかっていただければレッスンは必要ないと思いますが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です