サーフィンのレールワークについて【クロスオーバー】

QS6000が先日、VSCのお店がある志田トラの隣で行われていました。

当然、当店の店前の海でも、トップ選手が毎日練習していて相当な刺激を頂きました。

テイクオフを含めて、私のメソッドは間違っていないな!っと確認するとともに、新しい解析を行っています。

そんな中でも

”水平テイクオフ”

”クロスオーバー”

というテクニックは

去年にも増して、トップ選手は意識しているのかな?

と思う位に、私のメソッドが当てはまっていましたね。

そこで今日は

サーフィンで言うところのレールワークというか

右から左のレールの入れ替え方法である

【クロスオーバー】

についての解説をしていきたいと思います。

今日は簡単に説明しますね。

クロスオーバーについては下記を参照してください。

ボトムターンからリッピングの動作に必要なクロスオーバーとは?

↑参考記事です。

まずはこの画像を見てください。

テイラーノックス選手のカービングターンです。

これ物凄いスプレーですし、どっから蹴り始めてきたんだよ!って感じですよね。

テーラーノックスは、私が20歳くらいのころから見本にしている”カービングマスター”と言われる方です。

こんなカービング日本で見たことないですが、このカービング(極端な感じですが)を見本にしながら見ていきましょう。

もう一度見てみてください。

まずクロスオーバーに必要なものなんですが。

要するにトップでのターンの仕方ですね。

よく昔から言われている

今でも言っている人がほとんどの

  • 肩を開け
  • 腰を開け
  • 前足荷重
  • 目線は遠く

これどうですかね?

もしこの画像見て、

『この項目通りじゃん!』

って思った方、申し訳ありませんが見るところを間違えていますね。

これ、

はっきり言って

  • 肩開いてない
  • 腰開いてない
  • 後ろ足荷重
  • 目線すぐ下

なんですね。

しかもです

普通はターン後に一番肩腰開いちゃうのですが、これはターンのほぼ終わり部分ですよね。

ここで開いてなかったら、その前はほとんど開いていないんです。

例えばバットを振る動作。

当然振り終わった方が腰肩回っていきますよね。

出はこれを見てください。

これだと厳密に言うと(正面からなので分かりやすい)腰肩開いているかもですね。

ただ、これは私的には開いていると言わないんですよ。

スゴイひねくれた意見

と思うかもしれませんが…

一般の方の開きというのはこういう感じです。

  • 胸進行方向向けて
  • 肩開き
  • 腰開き
  • 前足荷重

これは私がわざとやったのですが

ボートサーフィンの安定した波でさえも

全く安定しません!

横から見るとこんな感じ。

これじゃクロスオーバー出来ないんですよ…

これならターンできますね。

違いは”前傾姿勢”です。

こうやって前傾しているから

クロスオーバー出来るんですね。

要するにそれで

レールが入る

レールワーク

という事になります。

この写真ボードの垂直上上から見ている感じですが

要はこれなんですよ。

これが分かるとクロスオーバーは簡単になります。

という事は、サーフィンはよりシンプルに、簡単になるという事。

逆に言えば

  • 肩開いて
  • 腰開いて
  • 前足荷重

にしてたら、サーフィンはより

複雑な動きで

難しくなるだけ

となってしまいます。

それはなぜか?

サーフィンは

後ろ足で縦に踏む

から正しく動くんですね。

今日はすごい上達のヒントを教えちゃいました!(笑)

もう少しでYouTube登録者数が1万人行きそうなので

大盤振る舞いです~(笑)

YouTubeはコチラから↓

これを読んだ後に見ていただければ

かなり参考になると思います。

無料で毎週メルマガも発行しています。

良かったら登録しておいてくださいね。

https://village-surf.jp/dl/ent/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

↑メルアドと名前だけで登録できます

最後にテイラーノックス先生の分解画像をご覧ください。

これずっと流してみているとイメージ湧きますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です