サーフィンのライディングテクニックで一番大事なもの

ちょっと期間が空いてしまいましたね。

秋の良い波時期なので

せっかくいい練習ができるときにすいません…

今日はやり方とか

身体の使い方とか

そういった面ではなく

サーフィンの上達に必要なもの

を教えていきたいと思います。

『そんなのどうでも良いから練習方法を教えて!』

なんて声も聞こえてきそうですが

今日は我慢してください!(笑)

サーフィンはターンの連続

まず考えてほしいのですが

サーフィンんとは

”ターンの連続”で演技をします。

じっとしているだけでもサーフィンは出来るのですが

どうせなら

色々なテクニックを繰り出して楽しみたいですよね?

その場合には

右へ左へターンを連続させる必要があります。

そのターンというものは

見た目としては

スケボーやスノボーと同じようなものですが

【相手が水で動いている】

という点で大きく違うんです。

スケボーやスノボーでも

左右のターンの連続という感じで乗れると思いますが

サーフィンのターンは特殊なので

しっかり覚える必要があります。

例えば”アップス”という動作があります。

波の側面を走ってスピードをつけたり

崩れそうな波のポジションから抜け出すためのテクニックです。

そのアップスというのも

左右のターンの連続という典型的なテクニックです。

このイメージを作ろうと

スケボーやスノボーでやってみた方も多いと思います。

ただ、

スケボーやスノボーとは動きが違う部分があるので

下手に適当な動きでやると”下手になる”可能性があります。

一番多いのが

”カーバー”というスケートボードです。

これは上級者のように

【海でターンが出来ている人】

だと

海の動きを陸上で再現できるので

上半身や目線の動きなど

イメトレできていいのですが

【海でのターンの動きが分からない人】

がやってしまうと

海ではありえない動きが入ってしまい

そのありえない動きを

”海でやってしまう”

恐れが高いです。

これは私が何百人と実際に見てきて

”スケボーをやって練習している”

という方で多い失敗例です。

サーフィンを見ていてわかるくらい。

『もしかしてカーバーとかやってません?』

みたいな。

大体の方はやっています。

板だけ動かしちゃう動き

です。

サーフィンはクロスオーバーの連続

じゃあどんなことをやれば良いのかというと

私が教えているテクニックで

”クロスオーバー”

というテクニックを連続させるという事です。

『クロスオバー?』

何だよそれ?

と思うかもしれませんが

要は

ボードが体を追い越す動き

と思ってください。

↑要はこれです

クロスオーバーに関しては過去からテクニックとしては書いていますが

これが本当に大事だという事は覚えておいてください。

でこのクロスオーバーを

カーバーでは習得できません。

しかし!

上級者は

カーバーでクロスオーバーするんですよ。

上級者のカーバーなどのスラスター系の

動きに騙されて

あのスケボーで練習すれば

上級者のような動きになる!

と思って買ってしまうのです…

まあ

買ってしまうのは良いのですが

下手な動きをしなければ…

ここまで来て

一つだけ練習方法を出しましょう!(笑)

”自転車”です。

バイクや自転車も

クロスオーバーします。

バイクや自転車なら

誰でも正しくクロスオーバーします。

ある程度スピード出して

右へ左へ曲がるだけです。

単純にそれだけ。

で、

自転車がベストですが

スタンスと同じ位置にペダルを置いて

※レギュラースタンスなら

右脚が後ろ側、左足が前側でペダルを止める

その状態から

単純に左右にスラロームをしてみてください

出来れば顔もレギュラーなら右向き

グーフィーなら左へ向けて

感覚的にサーフィンのスタンスのようなイメージを作ります。

それでターンするとクロスオーバーしますよ。

車体と体がクロスします。

それがクロスオーバーです。

上級者に聞いてもわからない

今まで

  • 先輩
  • 友達
  • 上級者
  • プロサーファー

だれでも良いですが

自分よりも上達している人のアドバイスを受けたことありますか?

ここで質問

アドバイスの結果

上達しましたか?

テイクオフはともかくとして

(テイクオフも伝わってない人が多いですが…)

問題は

上級者の感覚を聞いても

同じタイプでないと上達しない

これは紛れもない事実です。

そして

上級者と同じタイプという事は

極端な後ろ足荷重

の方のみです。

私思うに

勝手に後ろ足荷重で乗れる人は

500人から1000人に1人くらい。

だから

聞いても

レッスンを受けても

ハウツーDVDを見ても

上達しません!

私は何百人と直接アドバイスしてきました。

相談に乗った人数は数千も居るでしょう。

実際に上達させてきたノウハウが

25年分詰まっています。

私の自慢ではないのですが

皆さんがサーフィンを上達するうえで必須なのは

1、テイクオフの安定化

2、ライディング基本姿勢

3、クロスオーバー

この最重要項目を3つ覚えることです。

これ

どれも上級者は出来ています

そして

なかなか上達しないと嘆いている一般の方が出来ないことです。

でも難しいわけではないです。

誰でもできるんです。

問題は

正しい練習を続けるかどうか?

という事なんです。

テイクオフに関しては

もう一つの初心者向きのブログである

https://ameblo.jp/gogofreakgogo/

↑初心者サーファー3日で出来るテイクオフ

で紹介しているので読んでほしいですが

ライディング基本姿勢

クロスオーバー

このブログから読んでみてくださいね。

一応有料のサービスとして

VSC(ビレッジサーフクラブ)

というものもあるのですが

まずは両ブログを読み返してみて

どうしてもわからない場合は

まずは無料会員のコンテンツを見てみて下さい。

それでもわからなければ

有料でも良いと思います。

https://village-surf.jp/dl/ent/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

週一で超有料級のレッスンもメルマガで出していますので

登録しておいて損はないですが

気になる方は登録してみてくださいね。

これからも両ブログで

色々と上達のコツを紹介して行きますので

ブログの方もチェックしてみてくださいね。

まずは

上達のために必須の

1、テイクオフの安定化

テイクオフが安定しないとライディングの本数が減ります

安定してライディング出来るベースをまずは作って

ライディングの練習量を増やすという目的と

とにかくいっぱい乗れて楽しめる環境を作りましょう!

2、ライディング基本姿勢

ライディングが出来るようになったら

上級者やプロサーファーがやっているような

ライディングが安定するための基本姿勢を覚えて下さい。

これがズレたらサーフィンが難しくなります。

3、クロスオーバー

上記の2つがある程度出来るようになってきたら

クロスオーバーを覚えると

超最短で上達します!

私が数名プロサーファーを育てた

上級者を育てたことと

私自身が46歳にもなって

日本でエアーが出来るのは

このクロスオーバーが分かっているからです。

この3つはしっかりと覚えて

練習もしていってほしいと思います。

確実に皆さんは上達するポテンシャルを持っています。

何百人と教えて来て

正しい練習をして退化する人は居ません。

正しい練習をしないと退化しますよ?

皆さんはどちらですか?

https://village-surf.jp/dl/ent/e/cPHnJap6MCRXjSYU/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です