プルアウトは出来ますか?

突然ですがプルアウトは出来ますか?

私がサーフィンを始めた当時教えていただいた師匠からの最初のお題が”プルアウト”でした。

約30年ほど前ですが、当時はどのポイントもローカルという方々が居て、初心者の私はとにかくトラブルを避けることだけを教えられました。

サーフィンを始めてからすぐに乗れるようになったのですが、とにかく乗ろう乗ろうとしすぎて危なっかしい感じだったのかもしれませんね…

ですが、このお題はサーフィンが出来るようになってからというものの、私の上達にかなり役に立っているんですよ。

プルアウトが出来るって事は、ボトム側のターンが出来るって言う事なので、トップターンをする前に必要な動作のすべてが詰まっています。

3

NSAの級認定が4級だとプルアウトが出来るかどうかっていうのも、この時代に出来た認定テストだからかもしれませんね。

プルアウトが簡単に出来る方はトップターンも出来ると思います。

逆にある程度横に走れてはいるものの、プルアウトがコントロールして出来ないという方は、トップ側の技もほとんど出来ないのではないでしょうか?

私がスクールで教えているテイクオフの仕方を実践していただければ横に走ることは簡単に出来るとは思いますが、コントロールして横に走ることが出来ない方は、まずライディング姿勢をまずは見直す必要があるかもしれません。

とにかくプルアウトを練習しておけば、無用なトラブルも劇的に減りますし、その後の上達にも大きく貢献することになると思います。

初心者から中級者になる過程では、横に走れるようになるとサーフィンが物凄く楽しくて、いっぱい乗りたくてうずうずしているとは思いますし、せっかく乗ったのにプルアウト?って思うかもしれませんね。

しかし、基本的な動作である波側のターンは、のちにボトムターンとなり、しっかりとしたボトムターンは数々のトップターンを決めるきっかけになるものです。

ここを省いてしまっては、その後のサーフィンの上達は無いんじゃないかってくらいに重要な項目ですし、夏になって混んでいるポイントでは、これが出来るかどうかで無用なトラブルやケガから身を守る事すらできなくなってしまいますよ。

一番重要なのは、波に乗る時点で走れる波を、走れる位置からキャッチする事!です。

このブログを読んでいる方は、まだテイクオフで立つか立たないかという方は少ないと思いますが、まずテイクオフの動作をしっかりとすることが大前提です。

テイクオフの動作では、立つか立たないかという事では無く、しっかりと走れる波に、走れるポジションから立つようにしてくださいね。

ある程度横に走れるようになったら、縦方向(沖から岸方向)のみ波にタイミングを合わせるだけでは無く、横方向(波の左右方向)のポジションもしっかりと合わせたうえでテイクオフしていきましょう!

立てるからと言って周りを見ないで立ってしまっては、横に走れる波も走れなくなってしまいますし、前乗りをしてしまったり、時にはクラッシュしてしまうという事も有ると思います。

ある程度テイクオフが出来るようになったら、立てるから乗るのでは無く、横に走れる波をしっかりと選ぶ事が大事になります。

波をキャッチするときにしっかりと波を見ながらテイクオフする事が重要です。

テイクオフの仕方はアメブロの方でご覧ください。

プルアウトの動作

まずはターンの基本姿勢である後ろ足を踏ん張れる体勢を取る必要があります。

腰を開いてしまっては後ろ足が踏ん張れませんので腰は閉じてください。

しっかりと後ろ足で踏ん張れるように後ろの手を構えて、軽く膝を曲げます。

進行方向へ体が開かないことを注意していただければ基本姿勢は大丈夫です。

次に後ろ足の股関節に体重を掛けます。

このターンのきっかけの動作でつま先を伸ばさないでくださいね。

ボードをトップに持ち上げようという動きを入れてしまいますと、トップまでノーズは上がっても自分が上がらなくなります。

私を含めて上級者の方は、ターン時に板を動かしている意識は有りません。

自転車で曲がるときにハンドルを切ってしまう方は居ないのと同じです。

股関節に体重を乗せるやり方

  • 直立状態でビキニラインに手のひら側面を押し当ててみてください。
  • その状態から手をお尻側に押し込みながらお尻を後ろに突き出すように腰を折ります。
  • 腰が折れたら、後ろ足に体重を100%乗るまで体重移動してみてください。
  • そうすると、右手の側面がももとお腹の肉に挟まるような形になると思います。
  • その状態で足を下に踏み込んでみてください。
  • しっかりと垂直に体重を掛けることが出来ると思います。

この状態でお腹側、背中側へ傾けばボトム側のターンが完成します。

これをプルアウトしたいポジションで行えば、自然に沖側へターンが完成してプルアウトになります。

コントロールしてプルアウトが出来るようになるまで繰り返し練習してくださいね。

ちなみにボトムターンは練習しなくても、このプルアウトを練習しておけば十分ですよ。

ボトムターンは意識して”ボトムターンを練習しよう”とすると、大抵の方は、ターンが深くなりすぎて失速してしまいます。

トップにギリギリ届いているスピードになってしまい、トップターンで転んでしまうんです。

ボトムターンは、走っているスピードに対して深さが決まるものなので、どんな波でも、どんなスピードでも深くボトムターンする癖をつけてしまうと、極端に技を掛けるのが難しくなってしまいますよ。

浅く波側に向かってターンすることで十分です

現代のサーフボードに乗っている方なら、ボトムターンなんて波の中腹辺りからのターンで十分ですよ!

プルアウトが出来る方はトップターンが出来るというのは、波の裏側にも行けるくらいにトップに向かってターンが出来るという事なんですね。

この夏はこのプルアウトを完璧にしてしまいましょう!

スクールのお申し込みはこちらから↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です