サーフィン上達に一番必要なのはイメージ

何度も書いていると思いますが、やはりサーフィン上達に欠かせないのはイメージです。

そこで今日は同じイメージでも、波を見る能力としてのイメージをお伝えします。

サーフィンのライディングに目線は大事と良く言いますが、確かに目線は大事です。

カットバックの時の失敗で一番多いのは、目線が先行してしまう事です。

まず多い失敗なのですが、これもイメージがずれているんですね。

イメージをするかしないかが大事なのでは無く、正しいイメージが出来るかどうかなんです。

今日は波のイメージの仕方なので、技術的な事は書きませんが、このカットバック失敗のイメージで一番必要なものは何でしょう?

一番大事なのは波がどうなるかのイメージです。

イメージして予測してその予測通りに動けるかどうかなんです。

イメージで予測できないと先ほどの目線先行になってしまいがちです。

先を早く見たい、先に早く行きたい。このイメージが先行してしまうと失敗します。

例えばカットバックに入ると決めた時、カットバックの仕掛け始めはどこを見ていますか?

私の練習生の方は分かると思いますが、この時にほとんどの方が上級者の方のようなカットバックをイメージして、戻ってスープに当てるようなイメージを持っていると思います。

どちらかというと波の予測では無く、身体の動かし方のイメージしか持っていないのでは無いでしょうか?

その証拠にカットバックが綺麗に出来ない方のライディングを見てみると、ほとんどの方がいきなりカットバックの頂点での動きの形を作ってしまいます。

良く雑誌に出ているようなカッコ良いカットバックの形ですね。

いきなりこの形を作ったらカットバック出来ませんよ。

まずは板を傾けて、後ろ足にしっかりと体重が乗ってきたら体重を掛けてターンをしていきます。よくあるカットバックのカッコいい形はこの後に出来てきます。

その形のまま耐えるとボードが自然にドライブして戻って行きながら加速します。

最後に視界にスープが見えたらどこにボードを持っていくのか考えて当てに行きます。

流れ的にはこのような形なのですが、ここで一番重要なのは波のイメージです。

カットバックし始めた時点では波の後ろが見えていないというところがポイントです。

波の後ろが見えていないのに先ほどの形だけをイメージすると、その形に合う波の状況ならカットバックが成功するでしょう。

ですがほとんどの方は上級者の様にスピードが無い状態、更には波から離れ過ぎている(最初からカットバックが必要になるだろうと予測できていない)事が多いんです。

カットバックし始めからイメージしている状態とずれているのですからなかなか決まる事も少ないと思います。

そこで波のイメージを先行させましょう。

カットバックし始めた時点から、今後このような波に、このように体を動かして、このように戻っていくというイメージです。

波のイメージが有る程度出来ていればカットバックの形を変えられます。

かといって上級者でもイメージが100%間違えないわけでは無いです。

あくまでもイメージです。

ライディング中に一時停止出来るなら、カットバックしようとした瞬間で自分を一時停止してみてください。(今でもイメージして出来ますね)

あなたはテイクオフしました。

波は肩くらいで面は良いです。

走ってある程度スピードを付けたところショルダーが無くなりました。

安定して波の面を捉えていて、スピードも有ります。

そこからカットバックをして波のフェイスに戻ろうと思っています。

ハイ、ここで一時停止してください。

この次の動作でカットバックに入るのですが、後ろはどのようになっていると想像できますか?今の状態だとただの仮定でしかないのでどんな波でも頭の中で作れますが、今日、この前に行った波などで想像してみてください。

でここからなんです。

波を想像したら、その波の想像に合うカットバックをイメージしてください。

波がイメージできていれば顔が先行して向いてしま事は無くなります。

波のイメージ通りにラインを取ってカットバックするイメージを作りましょう。

オフリップやエアリアルなどすべて同じです。

一番重要なのは波の予測イメージです。

見てから行動しては遅いんですよ。

例えばリップしたいのにずっとリップを見つめていては出来ません。

一度ボトム側に降りて、ボトム側からターンで上がって行ってからオフザリップの動きをするのですが、ずっと見ていては返せなくなります。

この波の予測イメージが一番大事です。

目線が大事と言いますが、上級者は何か一点ずっと見ている事は無いです。

ちなみに私の目線でライディングを振り返ってみると”ピントが合うほど凝視していた部分は無い”んです。

波を予測して、その予測した波にいかに自分の体の動きを合わせられるかが重要なんですね。

ボトムターンのし始めで波のトップを見ていません。

カットバックのし始めで波の後ろを見ていません。

特にし始めは予測で動いています。

波の予測に対していかに正確に技を決めるための準備を整えるかという体の動きに集中していますね。

ハッキリ言って、予測できていれば見る必要は無いんです。

リップなら、予測したリップの場所に正確に入る為のターンを正確にしていれば間違いなくオフザリップは決まりますから。

波のイメージを強く持てば、一番やってはいけない目線先行で前足に体重が乗りすぎてしまうことが防げるので、技の失敗は極力避けることが出来ます。

特にカットバックは目線先行だと失敗しますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です