ライディング中に波のパワーを感じていますか?

今日は波のパワーがかなりありましたね。

リーフブレイクよりも水量が多くて、テイクオフは楽なのですが、滑り出してからの水の面が硬くて板が入りませんでした。

波のパワーというのは非常にサーフィンンにおいては重要な役割を持ちます。

今日は波のパワーといっても、ライディング中の波のパワーについて解説しますね。

波のパワーはサイズが同じでも、波の水の量で波のパワーは結構変わります。

同じ頭でもトップがペラペラの場合と、トップに水が集まって落ちてくるというような感じの場合があります。

ありすぎても困るし、無さ過ぎても困りますね。

テイクオフ時に使う波のパワーと同じことなのですが、

波のパワーがしっかりと押してくれるときにはテイクオフもしやすいですし、

テイクオフ後にもスピードが出やすいので走りやすくてサーフィンは楽しくなります。

特にライディングである程度波のパワーを足に感じているというのがサーフィンの一番の醍醐味なので、

これはスケボーやスノーボードなどでは味わえないサーフィン独特のものです。

ですが、ライディング中に波のパワーを感じて乗っている?と思ってしまいます。

今日は夕方御宿で入ったのですが、普段練習会のメンバーの方と入っていると皆さんしっかり波の追い方を練習しているので、波に乗っても落ち着いている方が多いのですが、

今日の御宿では無我夢中という言葉が当てはまるような方が多かったです。

そんな方を観察していると、波のパワーを使ってテイクオフ出来ない方は、ほとんどの方が波のパワーを感じてライディングしていないですね。

皆さん波のパワーはどこが一番あるか分かりますか?

当然、波のトップに一番波のパワーがあります。

その波のパワーを使ってテイクオフをするのが波のキャッチでも楽なのですが、当然ライディング時にも必要です。

で、ライディングというのはテイクオフを必ずしないといけないので、

理想的には波のキャッチ時に波のパワーを利用して滑り出させて波のパワーを感じたまま、

波のパワーゾーンを維持しながら立ち上がって、立ち上がってからも波のパワーを使って加速していきます。

その一連の動作を使わないとスピードがつきません。

ほとんどの方は、波のパワーでは無く、パドリング力では無く(本人はパドリングだと思っている)、重力でテイクオフしています。

その証拠に下を向いて漕いでいます。

重力でテイクオフするという事は、波から滑り落ちながらテイクオフしているので、滑り出したら一気に滑り降りてしまいます。

もう斜面をつるっと滑ってしまっているので、ボードのどこにもパワーを感じていません。

感じるとすると、そのまま降りて行って、ボトムに着いたときに重力を感じるくらいでしょうか?

そういうテイクオフにならないために、漕がない波のパワーを使ったテイクオフをしてほしいという事です。

すべてはパワーゾーンを維持してライディングスピードを上げるためです。

パワーゾーンを維持してライディングスピードを上げるためにテイクオフするのです。

そしてそのスピードは、皆さんがやりたいサーフィンをするためです。

スピードが無いとターンも出来ないですし、ターンが出来なければ、いろいろなワザも出来ませんし、自由に乗りつなぐことも出来ません。

結果サーフィンが難しくなり、テイクオフは出来るけどサーフィンが上達しないという事になってしまうんですね。

皆さんご自分はどうかを考えてみてくださいね。

何のためにテイクオフするのか?

  • とにかく波から滑り落ちたい?
  • とにかく立ちたい?
  • ライディングしたいから?

やりたいことは人それぞれですが、

テイクオフはライディングしたいから

サーフィンの色々な技をかけて楽しみたいから

上達したいから

という方はもう一度テイクオフから波のパワーを感じて、ライディング中に波のパワーゾーンをキープできているか?スピードを波のパワーを使ってコントロールできているか?を感じる練習からしてみてください。

波のパワーを感じられる、正しいライディングバランスについては、

月に2回都内で行っている【テイクオフ集中講座】の中でもお話ししています。

正しいライディングになれるテイクオフのコツを2時間みっちり教えています。

詳しくはこちらを参照してください。

↓   ↓    ↓   ↓

テイクオフ集中講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です