サーフィンでの正しいターンの動作(バックサイド側)

とうとう台風のスウェルが入ってきてしまいました。

私個人的には台風って来ない方が良いと思いますね。

災害をもたらすものですし、波も大きくなってしまうとサーフィン出来るところも限られてしまいます。

夏はそれでなくても波がある事が多いので、台風が来なくても十分楽しめますしね!

今日はサーフィンにおいての正しいターンのイメージの付け方を紹介したいと思います。

ターンと言えばフロント側はなんとなくつま先も使えますし、何とか出来る方は多いと思います。

今日は難しいという方が多い”バックサイド”側のターンです。

バックサイドとは、背中側のターンです。

背中側というのはつま先で調節できないので、かかと側にしっかりと体重移動をする必要があります。

ただかかと側に体重を落とし込んでもターンは出来るのですが、今日はカットバックや、トップでのカービングターン、バックサイドのボトムターンなどに使える”ドライブの効いたターン”の仕方を紹介したいと思います。

私が教える場合は、出来るだけ陸上で練習できるように教えています。

ですが、実際の海では陸上と違い体重がボードに押しつく角度が色々な方向へ向くので、その辺もイメージして練習出来るように説明していきますね。

まずは、このバックサイド側のターンが正確に出来る方はNSAで言うところの2級レベル以上になれます。

ある程度技が出来ても、正確にバックサイド側にターンで切り返せないと取れても3級レベルで止まってしまうんですね。

なので、フロントサイドの波はトップに上がれても返しづらい、バックサイドの波はトップに上がりづらいけど上がれれば返せるという方は、この方法を覚えれば自由自在にサーフィンが出来るようになります。

これが出来ると上級者というレベルに慣れると思いますよ。

まずはバックサイド側のターンでよくある間違いが、

手で先行させる

という意識です。

間違いというと誤解を招くかもしれません。

出来ている方は”手で先行”させている意識の方は居ます。

私も実際にスクールで教える前は、自分の意識下では手で先行させるように切り返していました。

正確には、手で先行させる前に後ろ足で踏み込みながら腰を開いていく動作を先に完了している事が前提なんです。

上級者の方は、自然のこの動作が先に入っているので、あとは意識では返したい方向へ手で先行するという行動になるんです。

私がレッスン生の方に何度も言っているのは、バックサイド側のターンは”重いものを投げる動作”と一緒だという事です。

正しいライディング姿勢もそうなのですが、重いものを投げる動作をしてみてください。

男性だったら10キロくらいの砂袋を出来るだけ遠くに飛ばすようなイメージです。

女性なら5キロくらいの砂袋かな?

その時の腰や手や顔の動きとサーフィンでのバックサイド側の動きは一緒です。

重いものを投げるときに手が先行したら間違いなく投げることは困難になりますし、投げることが出来たとしても遠くに飛ばすことは出来ません。

必ず後ろ足で蹴りだす動作が先に入るんです。

そのためにはバックスイングで腰を閉じて後ろ足を踏ん張れる体勢が先に出来ます。

重いものだと腕だけでは振れないんです。

やってみれば分かりますがバックスイングの状態から、切り返しで後ろ足を踏み込み始めると腰が開いていきます。

腰が開いて後ろ足を更に踏み込んでいくと背中側に腰が回転するのですが、腰は足とくっついているので、ある程度回るとそれ以上回らないポジションに入ります。

その後腰が止まると腕が降りてきます。

降りてきた腕が体の正面を通り過ぎるとあとは遠心力で腕は投げる方向へ引っ張られていきます。

腕が投げる方向へさらに加速させるように更に後ろ足を踏み込むと、最終的には前足体重となって進行方向へ重い砂袋が遠くへ飛んでいくんです。
このメカニズムをサーフィンに応用させるのがバックサイド側のターンなんです。

バックサイド側のターンが出来ていない方は、カットバックやトップで手を先に回して顔も先行してしまっている方が多いです。

結果後ろ足を踏み出すことが出来ずに、スプレーの量も少なく、スピード感の無いターンになってしまいます。

最悪は前足のかかと側レールが食い込んでしまいワイプアウトという結果になります。

まずは動画を作ったのでご覧ください。

この様に最初のダメなパターンでは手が先行して、顔も早めに開いてしまい、前足体重になる段階が早いので後ろ足で蹴ることが出来ず、ボードは失速してコントロールを失います。

まずは後半の動画の様に、足を踏み出すと自然に腰が開きます。

腰が開き切るまでは腕はバックスイングの時と同じ位置を維持します。

腰が開き切ってから手を先行させてこれから行きたい方向へ手を先行させて引っ張り込みます。

このバックサイド側のターンを習得する練習方法は動画の最後にありますように、顔が先に向かない様にと、頭が前に振れて仕舞わない様に壁に頭を近づけて切り返しの練習をしてみてください。

まずは陸上でこのような練習をしてから、スケボーを使って練習するのが効果的です。

スケボーはカーブボードがお勧めです。

カーバー系のスラスター系だと横の動きが入りやすいのであまりお勧めはしません。

実際に海では子の動きが波の面に合わせて傾くので、そのようなイメージをしながら練習してくださいね。

tyokuritu2

平地だとこのように前傾姿勢から赤いラインで背中側へ回転する感じです。

上に回転するような方になりますが、実際には波の斜面で行うので、垂直な壁面で考えると

tyokuritu

この様にボトム方向へターンするんです。

このからくりが分からないとしっかりとしたバックサイド側のターンになりません。

まずは1の図のように背中側への回転を足からはじめてみてください。

YouTubeの動画も何度も見て、ご自分での動きもスマホで動画を撮ってちぇっくしてみてください。

これが出来たら間違いなく上級者です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です