ライディングの始まりが大事なワケ

なんだか最近ここばっかり話しているようですが、本当に大事なんですね。

ここが安定しないと先には進めません!(笑)

サーフィン界の帝王ケリースレーターのテイクオフ画像をご覧下さい。

kke1

まずは波キャッチ直後です。

この時の板の角度に注目してください。

ノーズが上を向いていますね。

日本のビーチブレイクでは、波をキャッチしたあとにノーズを落としてしまうと、立ち上がった直後にはボトム方向へ落ちてしまい、波のパワーが活かせなくなります。

このように若干ブレーキがかかっている位に波のパワーに寄りかかっている様な動きで立ち上がらなければファーストターンからスピードを活かせません。

kke2

板の角度はそのままです。

ココで注目は、手の付く位置と肩の角度です。

私のレッスンではこの点を重要視しています。

テイクオフ時に足がつまずいたり、足の位置が安定して入らない方はご自分のテイクオフ姿勢を見直してくださいね。

手を付く位置も左手がノーズより、右手は手前に入っています。

そしてその手の付く位置に合わせて肩も入れてしまいます。

こうすることによって、お尻がライディング姿勢に近い角度で立ち上がることが可能となります。

kke3

足が入った直後です。

すでにお尻がボードと並行方向へ入っています。

このままお尻を後ろに引きながら上体を起こせば完璧なライディング姿勢になりますので、動きは極めてシンプルになります。

テイクオフで安定しない方は、手の位置、肩の位置、お尻の向きがバラバラになっている可能性もありますし、ボトム方向へまっすぐ向いて立ち上がろうとしている方も多いですね。

この画像を参考にしてご自分の姿勢をチェックしてみてください。

kke4

波から降りているところですが、ここでもボードの角度に注目してください。

よく、

『降りるときは前足体重で波に合わせる』

といいますが、このケリーは前足に乗っていません。

前足の下が接水していないのに注目してください。

足と足のあいだ位に重心があります。

波のパワーを使って押し出してもらっている感じです。

この体制なら確実に安定して、ここから板を傾けていけます。

波のキャッチからファーストターンまで、波のパワーを逃さないように落ち着いてテイクオフしてみてくださいね。

これが出来たらなんでも出来ちゃうんです。

難しいと思うかもしれませんが、落ち着いて練習していれば難しくないです。

特に技術が要るわけでは無く、まずは波に置いていかれるとか、波から落ちてしまうとか、失敗する事を恐れずにやるだけです。

サーフィンは失敗して、板から落っこちても痛くないので、思い切ってやってみましょう!

どこまで引いていたら置いていかれるのかやってみても良いと思いますよ。

波をキャッチする時点でも、ノーズが上を向いている位に後ろ重心で波を追いかけてみるとか、『乗れなくても良いや!』位の気持ちで数本やってみてくださいね。

今は数本乗れなくても、将来の数百本、数千本につながる練習です。

恐れずになんでもやってみてください。

今感覚を覚えてしまうとサーフィンが本当に簡単になります。

見ても中々わからないよって方は是非スクールで!(笑)

Villageサーフスクール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です