テイクオフ直後からの安定

サーフィンを上達するためには安定感というものも必要となってきます。

安定感は色々な面で役に立つんです。

特に今日はテイクオフ直後の安定感についてお話したいと思います。

上級者はテイクオフ直後から自分のバランスをコントロール下に置けるので、色々な波ですぐにでも技を掛けることが出来ます。

中級以下の方ですと、それなりに良い波でないと技が掛けれなかったり、テイクオフも厳しいという方もいらっしゃると思います。

この上級の方がテイクオフ直後に安定していられるのは上手いからでは無いんです。

テイクオフ直後の安定感が有るので上手くなったという事なんですね。

パドリングの安定や、テイクオフ直後の安定、ターンの安定ととにかく安定した状態でライディングすることに1年以上の練習を集中してやることをお勧めしますよ!

私のスクールではその点をかなり重視して年間を通して練習して行きます。

どんな波でもサーフィンを楽しめるように言うのが私の理想なんです。

『今日はダメだな…』

『波が大きすぎる…』

『風が合わないから…』

なんて事を思っていては、一年を通して”ほとんど波が良くない!”で終わってしまいますよ。

ちなみに私は波が小さいとき以外は大体楽しいです!(笑)

日本でサーフィンしている以上、それほどコンディションんが良い日というのは無いですからね。

そこで今日は、パドリングから波をキャッチする事の安定はアメブロの方でお伝えするので、中級者以上の方向けに、テイクオフ直後の安定について書いていきます。

テイクオフでの安定とは、波をキャッチしたところから足を付いて、一回目のターンを完了するまでに安定を崩さないという事です。

意外と多いのですが、とにかく波をキャッチして、とにかく立ち上がって、波のフェイスに出てから安定していた場合は調子よく走れるという方です。

海を見ていても多いんですが、ご自分でも覚えは有ると思います。

では、なぜ上級者の方がテイクオフ直後に安定していられるのか?

それは、

無駄な動きを一切しない!

という事なんです。

海を見ていると殆どの方が無駄な動きをしまくってしまいます。

  • 波が来たらとにかく思いっきり漕ぐ!
  • 波に乗ったらすぐさま立つ!
  • 立ったらとにかく動く!

この様な動きをしている方が多いんです。

上級者の方を横からみて下さい。

上記のような動きをしているように思いますか?

これを他のスポーツにたとえてみましょう。

例えばサッカーです。

  • ボールが有るところにとにかく行く!
  • ボールが来たらとにかく蹴る!
  • ゴールが近かったらとにかくシュート!

多分こんな方はレギュラーメンバーにはなれないです…

サッカーをやるという事自体は出来ますが…

まずは落ち着いてくださいね。

  • 波が来たら落ち着いてパドリング。
  • 波のパワーを感じて必要なだけ漕ぐ。
  • 波に乗ったら波の状況を確認しながら落ち着いて立つ。
  • 急に立ち上がらないで、後ろ足をしっかりと踏み込んでゆっくりとターンする。

これをイメージしてみてください。

海で実際にやる前に、今これを読んでる目の前で、目を閉じてイメージしてみてください。

私のレッスンでも陸上のトレーニングが重要だと何回も言いますが、この様なイメージをいかに陸上で作っておくかが上達のカギなんです。

海での練習は、この陸上でのイメージを実践する為に入ってくださいね。

せっかく陸上で上記のようなイメージをしていても、海に入ったら”頭真っ白”なんてことの無いように。

特にこのイメージで重要なのは、

テイクオフで足が着いてから、1ターン始まるまで手をボードから離さないイメージです。

ちょっとスローでイメージのしやすいこういったビデオを見るのも良いですね。

12:20あたりからのデーンのテイクオフなんて理想ですね!

とにかく落ち着いて練習しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です