サーフィン初心者からの脱出方法とは?

サーフィンの初心者からまずは脱出したいと思うならば、目標意識を強く持つことが大事ですね。

なんて言うのは良く言いますよね?

自己啓発的な本などを読んでもよく言われることだと思います。

サーフィンでも初心者を脱出だけでは無く、3級や2級を取る、大会で優勝する、プロになる等といった何かを成し遂げようとしたら当然目標が必要ですね。

ですが、意外と目標を持っているという方は多いんですよ。

目標も無くサーフィンをやっている方って逆に居るのでしょうか?

確かに強く目標意識があるとは言えませんが、どうなりたい、何がしたい位は有ると思います。

目標が有るかどうかがサーフィン初心者脱出のカギだとは私は思えません。

確かに目標も必要ですが、先ほども書いたように”目標は誰もが持っている”事なんですね。

数々のサーファーを見てきて思うのは(その他スポーツや仕事も同じだとは思いますが)その目標を決めるものが今の自分にできると思うかどうか?なんだと思います。

『今の自分に出来るかどうか?』

ってなんだよ?と思うかもしれません。

何が言いたいかというと、サーフィンの世界だけで言うと、サーフィンには色々なスタイルが有って、色々なポイントが有りますし、色々なボードや、色々なレベルのサーファーが居ます。

今自分がいる位置(いつも一緒にやる友人、いつも行くポイント、乗っている板、そのた今の現状)を基準に、今の自分が出来ることが決まってしまっていると言っても過言では有りません。

そこで普通の思考で目標を立てようとか、自然にこうなりたいと思う目標って”今の自分の位置からして出来そうな事”を目標とすることが多いんです。

おそらく普通の考えではテイクオフに1年間悩んでいる方が”3年後にエアーが出来るように!”なんて目標は立てづらいと思います。(ここでそのような目標が立っている方は必ず上達します)

その成功のノウハウから目標を立てると言っても、その目標に到達しない(しづらい)のはこのせいだと言っても大袈裟では無いと私は思うんですよ。

全盛期のケリーでさえ自分の目標はもっと高いとこに有るということをインタビューで言っていましたが、あれほどワールド・チャンピオンを取りまくったケリーでさえ目標には到達しないんです。

いやいや、ケリーの目標がもともと高い所に有るのはわかりますよ。

私が何を言いたいかと言うと、その目標を自然に決めている”思考”は今いる現状の状況によるということなんですね。

そこでサーフィン初心者から脱出する一番のカギは”自分の居るレベルよりももっと高いレベルの方と行動する!”という事なんですね。

先ほどのケリーだって、目標がどんどん上がっていったんだと思います。

常に自分のレベルより2段も3段も上のレベルでの中で自分が居ると想像して目標を高い位置に持っていいっているんだと思います。

一時大会から遠ざかっていたケリーをワールド・ツアーに戻したのは、アンディーアイアンをはじめとした若手の選手が育ってきて、あの中で戦いたい!って思ったから戻ったそうです。

ケリーが最初にワールド・チャンピオンになっていた当時は、エアーやトリッキーな技をする選手も居なかったので、何度かワールド・チャンピオンを取ったあとに目標達成感も有ったのか、何か違いを感じたのかもしれません。

ただ、サーフィンの目標的なものは5年や10年先まで見ていたようで、アンディー、ミック、パーコなどの選手が出てきて、エアーが当たり前のようになってきた時に”来た!”って思ったのかもしれません。

ケリーはワールド・チャンピオンという一つの区切りというか、一つの目標を達成したに過ぎず、今自分に足りない中に入って、更にその自分に足りないスキルを学びたくて、新しいサーフィンのスタイルの試合の中で勝ちたかったんだと思います。

ケリーに限らず、サーフィンが上達する方はレベルが違えども”同じ思考”なんですね。

この目標というものを高く持つことが上達の秘訣だと思うのですが、目標を高く持つことによって、今まで無理だと思うような事を簡単にやっている方を見ると、そんなことに悩む必要ない!などと思い、もっと難しいことが有る事に気づくんですよ。

もっと難しいことがいっぱい有ることに気づいて、今の現状に悩むことが無いと思えばサーフィンの初心者からの脱出なんて本当に簡単なことですよ。

まずはその流れを一回経験するといいですよ。

なんであんなことに悩んでたんだろう?
なんであんな簡単な事が出来なかったんだろう?

って思うと、その次のコレも簡単にやる方法が有るはずだ!その簡単にやる方法は誰かが知っているはず!そこに入れば出来るようになるはず!って思うようになるんですよ。そのルーティーンが出来る様になると永遠に上達し続けます。

私の練習生の方々は本当に上達したと思います。

結構最初は厳しいと思うような大きさの波であったり、コンディションであったり、練習であったりと数々の試練をこなしてきているのが大きいです。

腹くらいの波でもいっぱいいっぱいだった方は、腹くらいの波だと物足りなくなっているような状況です。

私は何度も言っていますが、どんな方でも3級くらいのサーフィンレベルには絶対になれます!

そこに到達するには、最低でも2級レベル、もしくはプロサーファーなどと一緒に海に入る機会を作ることはかなり重要な事なんですよ。

自力でも目標を高く持てるなら簡単にできると思います。

サーフィン上達にテクニックやノウハウ等も必要ですが、

”目標を高く持てるような思考が出来る環境に身を置くこと”

が一番の上達のカギですね。

コレを実践していて上達しない方は絶対に居ませんよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です